満月★Q×Q箱

ホリスティックケア・カウンセラー
満月(Mitsuki)の日々の試行錯誤と探究心で綴る・・♪

NO ●●●, NO LIFE
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

★泣いたうさぎ

うさぎと暮らしていると
うさぎ達はいろいろな表情を見せてくれますね。
ときには好奇心でビンビンに瞳を輝かせていたり、
まったり〜と目をほそめくつろいでいたり。。
怒って本当に目がつりあがっていたり・・^^;
もちろん全身で表現することもありますが
うさぎのその表情はおもに”目”で語っているように思います@@


今までに2度、うさぎが泣いた・・?
本当に人間のように涙で目の周りぐちょぐちょにし、
目が赤くなっていた、そんなうさぎを見たことがあります。

その2度というのは、とても同じような状況でした。
新しいお家に迎え入れられてから、数日後・・・
新しいオーナー(飼い主)さんになられた人が事情によって
うさぎが飼えない状況になってしまい、うちのラビトリーに
相談に来られたことがありました。
一方は動物禁止のマンションで管理人にばれてしまい、
わずか1日・・で手放さなくてはいけなくなってしまう。
もう一方は・・
ルームシェアをしている同居人がうさぎアレルギーを起こしてしまい
どうしても飼えないということになる。

飼い主さんも半泣き状態、そして・・
連れてこられたうさぎの様子を見てみると。。
飼い主さんと同様・・涙目でぐしょぐしょ;;
ほんの数日前、キラキラした瞳で巣立っていったはずの子うさぎ達・・
それが、いったいどうしたことでしょう??

これが初めて
「うさぎも泣くんだ・・」と思った経験でした。
飼い主さんに同調したのか?
それとも、自分の居場所がなくなってしまう状況を理解して
泣いたのか・・?

ともあれ、そんな感情豊か?な子うさぎたちは今は
新しい飼い主さんのもとで幸せに暮らしています^^

子うさぎの頃、そんな悲しい涙を流した
オレンジネザーの鈴ちゃんは今や立派なお母さんうさぎ。
普段はお転婆さんで人懐こく、利発そうな大きな黒い瞳をしています。
子育ても熱心で、子煩悩・・念入り?に何度も授乳をするお母さんです。

数日前のこと、
鈴ちゃんは一人っ子のベビーを産みました。
何度目かの出産ですがこのところ毎回ベビーの数も少なく
一人っ子を丹念に育てる・・という状況はめずらしくありませんでした。

しかし、、今回はどうもいつもと事情が違っていました。
お腹が弾けんばかりにパンパンに膨れていたベビーちゃん。
育児は順調かな・・と思っていた矢先、急にお★様になってしまいました。
どうやら、、お乳の量が多すぎて肝炎を起こし急逝してしまったのです。

その後、亡くなったベビーを巣箱から取り出しましたが、
その瞬間から、巣箱の中にいるはずのベビーを必死に探し回る鈴ちゃん。
痛々しくて見ていられませんでした。

そして・・今夜見てみると、意気消沈した鈴ちゃんはまた
涙目になってひっそり小屋でうずくまっていました。

食欲も落ちているようなので、早く気分を落ち着けて回復してほしいと思い、
バッチフラワーのエッセンスをお水に入れておきました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○ゲンチアナ 
理由がはっきりしている失望や落ち込みの状態のとき。
落胆して、食欲不振の動物に。

○スイートチェスナット
激しい精神的苦痛から回復させるために。

○オリーブ
心身ともに疲労困憊し、エネルギーがなくなっている状態のとき
オリーブは最もよく利用されるレメディの1つですが、疲労を軽減して、
エネルギーを補給してくれます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何か原因があって意気消沈したり、病中病後
体力が低下して食欲も落ちているような状況のときは
きっと役に立つのがこれらのフラワーエッセンスです。
おはな

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | フラワーレメディ | comments(0) | trackbacks(0) |

★ピーちゃんの足跡

ホリスティックケアカウンセラーの認定まであと一息です。。


しかし、最近よく聞かれるようになったこの、
ホリスティック、ホリスティックケア、
ホリスティック医療とはいったいなんでしょう・・ふぅ〜ん

また、「ホリスティック医療」には「代替医療」も含まれますが
いわゆる”代替医療”という言葉で示される、
現代医学(西洋医学がメイン)と「それ以外」に分けられる
治療技術の全体系とはいったいどんな姿をしているでしょう?
・・いろんな疑問と興味がどんどん芽生えていき、
わたしはホリスティックケアカウンセラーの講座の中での
勉強と平行し、今まで様々な代替医療関連本を読み漁ることになりました。
ガラにもなく・・・wwですね。パクッ

代替医療は西洋医学で補いきれない疾患を代替する治療法でしょうか?
あくまで補佐的な役割しかないでしょうか?
それは、本当は違うんだと思います。ノーノー
それは・・純粋な医学的価値(治療法としての効果)とはかけ離れた
政治的なもの、この資本主義社会の中で出来上がった権力絡みのもの・・
が大きく関わっていると知り、とても悲しい気持ちになったものです。ポロリ
(西東洋医学、代替医療を総合して”統合医療”と言われてますがこの
「統合医療」を取り入れる病院はまだ少ないのです)

それはそうと、
西洋医学の大きな特徴では病原菌を攻撃するもの、症状を抑えるもの
(「抗」のつく薬)という性質があり、例えば。。
その代表的なものに「抗生物質」がありますが、
抗生物質によって退廃させられたウイルスなどはさらにパワーを強め、
変容を繰り返し、わたし達に襲い掛かってきます。ニョロ
ウイルスとはメージすると・・ドラゴンボールでいう「サイヤ人」みたいなもんで?
抗生物質(武器)を使って相手を攻撃し瀕死に追いやり退治したかと思っても、
そこから這い上がってきた敵はさらにパワーを強め、遂には・・
「超(スーパー)サイヤ人」になるようなもんですかね。汗
この”いたちごっこ”の結果として「抗生物質」はいずれ効かなくなるということが
予想されるのです。冷や汗

その反面ホリスティック医療の中の共通して流れる概念には
「自然治癒力」を高める、活性化する、もしくは”尊重する”ことがあるといえます。
(※アンドルー・ワイル博士の著書「癒す心、治る力」等がとても参考になると思います)
ホメオパシーのレメディ(薬)などはまさに、症状をちょっとだけ強めるような
作用のあるレメディを当てて、この自然治癒力にスイッチを入れるという
原理の治療法なので、とても興味深いですね。。ひらめき
症状を押し込める(抑制する)働きの現代一般的医療薬とは対照的です。
(ホメオパシーに対してアロパシー)
そして、現代の医薬品がただその辛い症状を抑える、なくしてくれるというのは
一見ありがたいことのように思えますが、悲しいことに現実には
”治療のため”ということでお薬を飲み続けると
患者の「自然治癒力」がだんだん衰え、もはや再起不能・・
つまり病気にかかりやすく、治りにくい体になってしまうのです。

本来、薬が病気を「治す」のではなく、治すのはあくまで体内に備わっている
治癒力ということ、・・・
これは日本が”薬大国”だけに、本当に知っていてもらいたいことです。
そして、自分のみならずペットに対してもそのように考えてあげてほしい
と思っています。
わたしは医者ではありませんし、病院にも行くこともありませんので、
現在の一般的な病院ではどんな治療が実際に行われているのか詳細を知りません。病院

ただ、今になってようやく先代うさぎであり、P'sKOBOの開祖?である
「ピーちゃんの足跡」の意味を改めて考えています。


もう5年(6?)も前のことになります。
ピーちゃんがその「手術」を受けることになったのは
病気のためではありません、足を骨折してしまったからです。
後脚、大腿骨の見事な骨折・・・なにかの事故だったのか?
”天の制裁”だったのか、、
本当に今でも、どうしてあんなに砕けていたのかわかりません。
(経過は簡単に「P'sKOBOのはじまり」に書いています。)

もちろん最初心配したのは
「大手術」が成功するか否か?・・です。なにより麻酔が心配でした。
レントゲンを見せられながらも頭は真っ白、目の前真っ暗状態の
わたしは、獣医さんの言われている説明の中で・・
「このままだと一生、下半身不随で過ごすことになる、断脚するか
折れた部分を繋げる手術か・・?どちらにするか?」の選択に迫られていました。

「断脚」って・・脚を切り落とすなんて、、そんなのできるわけない!

「先生、お願いします!!」

獣医さんに手術をお願いするしか当時のわたしにできることはないように
思えました。
その病院は京都でも大病院のひとつで、「うさぎの診療のできる病院」として
サイトでも紹介されている有名な病院です。なんの疑いも持ちません。

大手術・・は無事終わりました。
外科的な処置はこれで完了!・・めでたしめでたし。

では・・なかったのです。

その後どうなったのか?
ここでちょっと「P'sKOBOのはじまり」の中の文を引用します。

「足の手術は何とか無事終わったのですがうさぎさんにとって
その大手術は想像以上に辛かったことでしょう。
後ろ足に包帯を巻かれ、泣きべそをかいたピーちゃんの顔を今でも思い出します。
術後の治療(抗生物質投与など)もむなしく下痢を続け、
小さな体はどんどん衰弱していき、
毎日看病を続けた獣医さんや私達の努力も実らず、
ピーちゃんは最後の鳴き声を上げて・・・月に帰りました。」


・・・そうです。
術後に病院で飲んだ、「抗生物質」から下痢がはじまりました。
わたしは本当に無知で、なぜだかさっぱりわからなかったんですが、
獣医さんが言いました
「抗生物質がうさぎの体に合わず・・うさぎの下痢は治すのが難しい」と。
ちょっと皮肉に聞こえるかもしれませんが、これが、
難しい外科的手術を成功させることのできる優秀なお医者さんの言葉でした。

つまり、ピーちゃんは
初めの「骨折」が原因ではなく、その後の「お薬」が原因で亡くなったのです。
よくよく考えると「おかしいこと」でした。
「治療(投薬)を続けて、どんどん体が衰弱していく」ということが・・
でも恥ずかしながら、「おかしい?」とさえ思わずに、
何もできず、ただただ「申し訳ない・・」としか思えなかった当時の自分です。
もし、今の自分だったら、、おこがましいけど
ピーちゃんをあんな形で死なせることはなかった・・とすら思います。

だからこそ、今、闘病生活を送っているうさぎさん、そして飼い主さんに
伝えれることがあれば、伝えていきたいし、サポートできることが
あれば力になりたい、、と思い「資格」を持とうと思いました。
でも「資格」はべつに意味はないかもしれません。。
これから、いかに実践として役立てるかですね・・YES!


ピーちゃんの手術した脚の断片(お骨)が今も
骨壷の中でゆっくり時間を経て存在しています。
「他の骨と一緒に埋葬してあげなかったの?」・・と言われてしまいそうですが、
その”足跡”を忘れないように。。
ピーちゃんの「最期の鳴き声」は何を言いたかったのか?
・・いうことを、これからも考えていきたいと思います。

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | 徒然草。。 | comments(0) | trackbacks(0) |

★うさぎのマッサージ屋さん


最新刊「うさぎと暮らす」(2月19日発売)
満月・オリジナル商品wの
「うさぎのマッサージ屋さん」が紹介されましたおはな

(※うさぎと暮らす新聞記事)

この「うさぎのマッサージ屋さん」って
わたしが勝手にネーミングしたわけですが〜
そもそも、この薬草HOTパッドをペット(うさぎ)用として
ご提供することにした経緯を少々。。

昨年春の某すぴこん(スピリチュアルコンベンション)にて
開発者のGOさんに会ったのがきっかけです。
「すぴこん」はいろんな癒しグッズの展示販売や実演販売?が集うイベント
ですが、、
そのイベント会場でこの薬草HOTパットをいきなりわたしの肩に
かけてくれて・・
「なに、、これ〜〜。。気持ちいい〜〜!!」 温泉
レンジでチン!しては、会場内で物色している?女性に
どうぞ、どうぞ♪と笑顔を振りまきサービスをしていた
愉快な人物。。それがGOさんでした。
このあともしばらく、HOTパッドをかけて椅子に腰掛け、
ハーブティーなんかも出してもらってすっかりいい気分にホットコーヒー(笑)

と、いうことで
すぴこんの戦利品として、このHOTパッドをお持ちかえりしたわけです。。

もちろん、そのときは自分用として!
うさぎに使おうなんてことは考えてませんでしたイヒヒ

それから、時がすぎ・・
ある日の夜、帰宅後りん店長(うさぎ)がどうもごはんを食べず
苦しそうにお腹をひねっているような体勢でうずくまっていました。。
こりゃ。。大変、、うっ滞前線発生した模様;; 撃沈

突然の非常事態・・しかも深夜です。月
かなり動揺もありましたが、とにかく出来ることといえば
「うさぎと暮らす式マッサージ大辞典」をひっぱりだして
お腹を温めつつのマッサージでした。
そのときに初めて、このHOTパッドがいかに優れているか
を実感したわけですが・・本に書かれているように、
スチームタオルだと濡れているからビニール袋に入れて使用するため
ガサガサしてしまうし、 どうも温度も持続しない。。
その点、薬草HOTパッドはけっこう使える♪・・って思いました。
そして、その夜は午前4時前あたりで急患うさぎは元気回復。up
けろっとした顔で走り出し、ごはんに食らいつきました。

こんな経験もあり、、ペットのケア用品として商品化できたら、
面白いんじゃないかな・・?と思いに至りました。
・・・・・・
しかし、もともと、人間用の健康グッズ。
しかも、タイ式マッサージ・エステなんかで使われるアイテムだけに
お値段もそこそこ。。お高い;; ふぅ〜ん

ペット用にするなら、値段も考慮したいし、
それから、サイズも人間用だと大きすぎる。。なんて考えながら
GOさんに相談を持ちかけることに。
そしたら、オーダーメイドで希望のサイズで制作してくれることを
快くOKしてくれました^^

電話のたびに
最後に「・・うさぎちゃんによろしく♪」と言ってくれる
うさぎに対しても、、もちろん人に対しても本当にハートフルな人ですラッキー
今年の「大阪癒しフェア」でもお会いできるかな。。

薬草HOTパッドを体験したい方は「癒しフェア」にて!


そして・・
今回のうさ暮読書プレゼントにおいて、「うさぎのマッサージ屋さん
Mサイズ、Sサイズ、各一個ずつですが ご提供しております。

備えあれば・・憂いなし?!
ご希望の方はふるってご応募くださいませ♪

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | 徒然草。。 | comments(0) | trackbacks(0) |

★理想のうさごはんって?

うさぎの大切な毎日の食事についての話です。おはな
貴方のうさちゃんはペレット派?お野菜派?
そして、毎日の牧草の供給量は・・?

牧草の話は置いときまして
・・まず主食であるペレットか?野菜か?についての考察を。ふぅ〜ん

一昔前では、飼育うさぎの食事といえば、野菜のくずや食パンの耳・・パン
おからを食べていたという話も。。
(あくまで日本の場合ですが・・)
そして、屋外飼育もされていた時期は野生の草なども
食べて生活していたと思います。思えばなんとも、タフ〜・・・パクッ
こうしてみると、現在とはやはり食生活は変化していますね。
そう、、今では栄養面において理想的なペレット(ドライフード)が
多数出回っており、まず主食においてペレットを与えている家庭が
約9割がた・・なんですって。。


”現代うさちゃんの食生活”の図
そしてその反面、ペレットがうさぎの主食的位置になってから
現在に至るまでの過程の中で「ペレットの弊害」についても
多く語られてきました。
歯の問題・・繊維質の問題・・そして少量で必要な栄養が満たされるという
問題(食事時間の短さ)。。
またこの食生活によって昔と今では腸内のしくみ、腸内細菌のバランスも
変化しているそうです。

それでは、少数派ですが野菜を主食にしているうさちゃんはどうでしょうか?
ペレットの弊害を踏まえ「野菜食」を推奨するお話もありますね。
たしかにいろいろなメリットも考えると、わたしも本来なら、
野菜食のほうが優れているのでは?、、と思います。
でも、実際は・・ペレットをやめて野菜食に切り替えると
かえってうさぎの健康を損ねてしまうことがあります。
すでにペレット食文化になって久しい現在・・・
ペレットで飼育されているうさぎ達、そしてその子供達は
先ほど述べたようにそれに向いた内臓が形成されているでしょう。
なので、、今では「野菜はあげなくても問題ない、あげても
おやつ程度にちょっとだけ・・」とペットショップやブリーダーさんは
よく言われます。  でも・・

これでいいのでしょうか・・??

先進的な考えをもった、犬猫のオーナー様においては
すでに「ドライフードの弊害」は承知の事実とし、
生食を手づくりするのが、ちょっとしたブームになっている模様です。
この傾向の主だった理由というのが「食物酵素」を念頭においた
食事の導入ということになります。
ドライフードは大方「熱処理」されているので”生きた酵素”が失われています。
そしてドライフード単独での給餌ですと、数年で何らかの病気になるという考えが広まり、「酵素」を損なわない調理をされた生食が推奨されています。
自分用につくられた食事を用意してもらえる、、
ちょっとしたセレブわん犬、セレブにゃん猫ですね・・w楽しい

たしかにこのブームの背景には人間と生活するようになって、
便利な食生活になることによって同時に、自然界ではありえない「病気」になる
動物(ペット)が急増しているということがあります。
(医療問題は人間も動物(ペット)も同じ、、なんですね。冷や汗
その大きな要因として指摘されているのが、現代の栄養学に基づいて
研究されている”栄養バランス”においては優れているペットフードに
「酵素の存在」が欠落しているという点です。
(アメリカでは実際に食品の中に酵素があるかないかで、
恐ろしいほど大きな差が生まれるのが、ある実験で実証されています。)
この世間的な風潮(悪循環)を打破するためにも
普段から「病気にならない生活」を目指したいものです。。up
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■体内酵素の主な働き■
●新陳代謝を活発にする
●細胞の形成を促す
●治癒力を高める
●余分な脂肪の除去(肥満防止)
●血液の浄化
●ホルモンバランスを良くする
●神経の働きを正常にする
●体内の毒素を排泄(デトックス作用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて・・
うさぎにとって、牧草(乾草)は便利かつメリットの多い食材で
ラビトリーのうさぎ達を見ても、牧草もりもり食べる子のほうが、
大きく理想的な●(糞)が生産?されています。モグモグ
逆にペレットだけしか食べないような子は小さくて黒い●になります。
最近は良くも悪くも、、うさぎ飼いさん達の「牧草信仰?」のような
風潮もあり、牧草を食べない子のために「牧草の旅」が始まる・・
という話を耳にするようにもなりました(笑)
しかし、「牧草をあまり食べないんです・・・汗
といってそんなに深刻に悩まなくても良いとわたしは思います。
もちろん牧草を食べる努力?も否定しませんが、その代わりに
新鮮なお野菜を食べる食生活をもっと見直してほしいと思います。
なぜなら、高繊維のペレットを選択して与えつつ
野菜を食べることで歯の租借を促し、皆さんが期待する?「牧草の役目」を
担ってくれると考えられます。
(もちろん、量はうさちゃん個々の体調、●の状態をを見ながら調整してください。。)


「わたくしもちろん、食にはこだわりがありますの・・」
うさぎの食生活は子供時代にある程度「型」が決まってしまいます。
ペレットでさえ同じものしか口にしない、なんて頑固なうさちゃんもいるでしょう。
大人のうさぎにとってはやや難しい問題でも生後2〜3ヶ月のうさぎさんをお迎えした場合ですと、食事習慣のコントロールは簡単にできるでしょう。
成長期に必要な栄養をペレットで供給し、間食に牧草を食べる習慣の次に
いろんな野菜を口にする機会を与えてほしいと思います。
先ほどの「酵素」の摂取においては便利なサプリメント(粉末状、液状)もありますが、草食であるうさぎさんには生野菜や生牧草を意識してあげることで充分かと
思います。


好物のお野菜、果物で彩りのある食生活がモアベターよ♪

愛うさに毎日、もしくは1週間に数日、少しの野菜を継続してあげるには
家庭菜園(フーデニング)で数種類の野菜を育てるが、、理想かな。
春になったら始めようかな・・春になったら。。桜


自分の健康は自分で守る。
うさぎの健康は飼い主が守る。。を座右の銘としてポチっとね♪

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座
| 満月 | 徒然草。。 | comments(0) | trackbacks(0) |

●ホメオパシーことはじめ

先日、アネモネ動物病院の院長先生から
ホメオパシー・レメディが届きました。

ENCEPHALITIS 30c
エンセファリティス・・脳炎!?

実はこれは「Ez症」に対するレメディとしてわけていただいたんです病院


なに・・なに、、飴玉?

===================================
★ホメオパシーとは?
「ホメオパシー」は体が本来持っている治癒過程を促進させる治療法です。
防御機構を持つ身体を刺激するためにホメオパシーの薬(レメディ)が使われます。
つまり、この刺激は本来持っている回復力を利用して健康を取り戻すのを助けます。
レメディは身体機能を刺激できるものが選ばれます。しかし、身体に障害を与えないレベルの濃度まで希釈されていて、決して副作用はありません。
わかりやすく言えば・・花粉アレルギーの人あるいは動物がごく微量の花粉を注射されることによって、身体が花粉をうまく対処できるような機構を呼び起こすことができます。(減感作療法)
これは従来の医療でも”like cures like"・・似たものが似たものを治す、
というアプローチを用いています。
ホメオパシーは200年以上前に始まり、安全で効果的な治療法として世界中に認められています。
===================================
過去の治療の経過で
Ezの後遺症のあるうさぎさんに対し
ぼちぼち、ラビトリーで使用をはじめています。
与え方としては、レメディは小さな砂糖粒のようなもので
手で直接触れられないので、ピンセットを用いて1粒つまみ、
そのままうさぎの口の中に入れます。モグモグ
そうすると、しばらく??でしたが水を少々シリンジで与えると
「ポリ・・・ポリ」と砕いて食べてしまいました。
どうしても食べずに吐き出してしまう場合は、細かく粉砕して
少量の水に溶かしてシリンジ等で口に注入してもいいかと思います。

いよいよ・・開かれます。。
ホメオパスを目指す1本の道程が・・・GO!

〜プチ★情報〜
2009年秋、いよいよ動物のためのホメオパシースクール開講するそうです〜!
〜ペットのためのホメオパシー〜

興味のある方はともに学びましょうひらめき

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | ハーブ&ホメオパシー | comments(0) | trackbacks(0) |

★姿を隠すイージー(Ez症の話〜その2)

Ez症に感染していても症状が現れていない子(不顕性感染)は
キャリア(保菌(虫)者)と呼ばれますが、実際国内で
どれくらいのうさぎさんがこのキャリアになるのか?というと
実態は未調査ゆえ不明ですが、おそらく過半数の子がこれにあたると
予想されています。
(文献によっては4割強であったり、6〜7割となっているので
間をとって、・・5割強は”キャリア”ってことですね・・)

なので、ピンワッ!とこないかもしれませんが
お家のうさちゃんももしかしたら・・という”疑い”が成り立つと思います。
でも、発症しない場合が多いのだし、症状が出てから治療でいいんじゃないか?・・と
わたしは最近までそう思っていたのです。。
でも、明らかに”わかる症状”と”わかりずらい症状”があり、
これは多く見落とされている可能性が大・・とK先生とお話して
つくづく思いました。しょんぼり

K先生は斜頚のようなわかりやすい症状が出た子は逆に
「ありがたい」と思うそうです。。ひらめき
それは、、
最悪のケースでは脳内の暴発にてショック死してしまう可能性があるから。冷や汗
でもこれは・・そう、例えば
”飛行機事故に遭うくらいめったにはないこと”だと思います。飛行機



それまで、うさぎが急死した場合、唖然
原因は何??っていうと・・急性腸閉塞くらいしか思い当たりませんでした。
でもつい先日、「えさを食べていたうさぎさんが急にひっくり返って
死んでしまった」なんていう話を耳にし、まったく原因不明で。。?
(腸閉塞の場合でも、少なくとも前兆として急に食べ物を受け付けなくなる、
くらいはあるでしょう)
たとえ、そういうことがあったとしても「死後解剖による病理検査」まで
追及することなく、最後まで「原因不明」で流れていってしまうと思います。困惑

またEz症の症状は非特異的でものすごく多伎にわたりますが
斜頚のような症状以外だと、疑われる機会がすごく薄れてしまうという印象があります。おばけ
斜頚、旋回、痙攣、部分的な麻痺中枢神経の障害に起因する症状でも
開張肢、尿失禁、運動失調、眼振、白内障、肉芽腫性ブドウ膜炎、眼の損壊、沈うつ、食欲不振、成長不良、痩せ、腎炎など
列挙するだけでもこれだけの広範囲の病を引き起こす要因になっているにもかかわらず・・。

世間(獣医界)の空気では「なんでもかんでも”Ez症”にしないほうが良い」という感じではないでしょうか??ニョロ
例えば「開張肢」でも遺伝性のものとしか取り上げることなく治療は不可能のまま・・で停滞している病院が多く存在するんだと思います。
(わたしが以前、生後1ヵ月すぎから開張肢の症状が出始めたうさぎを
ある「うさぎの診察できる」病院に連れていったとき、脚の不具合については、なんの処置もありませんでした。最初から治せないと思っているみたいで・・)

しかしながら実際、何年も多くのうさぎの症状と治療を追っかけている先生は
開張肢だけでなく・・定期的にうっ滞を起こす子なんとなく覇気のない子(おとなしすぎる子)後足を引きずったようにとろとろ歩く子なども
Ez症の疑い”があるとし、駆虫薬を与えたら症状の改善があったりするそうです。
つまり、これは飼い主さん自身が認識を改め、逆にうちの子はこんな状態だから、
もしかしたらEz症の影響かもしれないという「思考ルート」を持って治療方針を要請する、ということが大切だと思います。
(他の原因が特定できない場合です・・)

そして、先に述べた「最悪のケース」を念頭に考えると
今後の展開としてはキャリアに対する予防策のひとつとしての「駆虫」
もっと一般的に普及しないものだろうか?
・・とすら考えてしまいます。

たかが、うさぎ。
、、と思われる人もいるでしょう。
でも・・
されど、うさぎ!

今後も”うさぎ追いし”毎日を送っていきますw
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | うさぎの病 | comments(5) | trackbacks(0) |

★混迷するイージー(Ez症の話〜その1)

うさぎの三大疾患・・かどうかはわからないけれど
多くのうさぎが病院にかかる際、
筆頭にあげられる症状として、まず思い浮かぶのが

●胃腸内容うっ滞・・毛球症や重症の場合は腸閉塞など

●エンセファリトゾーン(Ez)症・・原虫に対する免疫反応による中枢神経障害。症状は多伎にわたる。

●不正咬合・・切歯もしくは臼歯の噛み合わせのずれによる歯の過長による弊害


・・等々であります。
これらの疾患に関する情報はうさぎと暮らす上でぜひ頭の片隅にでも
置いておいてもらいたいので様々なサイトで語られているけれど、
当ブログにおいても現時点での主観的な「まとめ」を記しておこうと思います。

まずは”Ez症(エンセ)”について。
このエンセファリトゾーン症はどうも、未だ
その治療法や見解が日本国内においてまちまち・・の印象があります。
・・というのも、
つい先日のこと国内のEz症の治療、研究においておそらく第一人者にあげても
おかしくない、K先生とお話する機会があり、その際に聞いた獣医師間のやりとりの話もあって。。。

ともあれ、、
わたし自身がこのEz症という「うさぎ病」に初めて遭遇したのは
もう今から3年以上前のことだと思います。
ブリードを経験しはじめ比較的早い時期にこの問題と対峙することができたのは
ある意味「幸い」だったと思います。
それは、当時ほとんど日本に出回っておらず、おそらく
(一部を除き)獣医師でも(入手困難で)それを治療に使うこともなかったであろう、
「フェンベンダゾール」という駆虫剤を簡単に入手でき、
エンセファリトゾーン研究会を通じて、
治療に関する情報を真っ先に仕入れることができたのです。
巡りあわせ・・であるけれど、この機会を逃し別のタイミングで
このEとかZとかなんだかよくわからない名前の疾患に認識のない病院に
行っていたら、的外れな治療に頭を抱え、果たして・・
「不治の病」撃沈なんてレッテルを”ポン”と押されて終わり!
なんてことになっていたかもしれません・・
でも、それ以来、とくに構えることなくこのEz症という病を
受け取ることができるようにはなりました。
(ただ、今まではこの病気で命を落とすことはあるまい。と
ある意味安心をしていたのです・・つい最近までは)

先に出した
「フェンベンダゾール」とは今ではかなりの獣医師が
Ezの症状のひとつである、例えば「斜頚」を発症しているうさぎに対して
予見的に使用される薬の一種であり、Ez症の原虫をやっつけるお薬です。

まず、Ez症由来でとても「わかりやすい症例」である「斜頚」に限定したお話を・・
斜頚は発症後、比較的早い段階であれば
この駆虫薬だけで症状が治まる・・という経験はわたし自身も何度かあります。
しかし、本来なら駆虫剤の役目はあくまで駆虫(虫下し)であり、
破壊された部分の修復を促すものではないでしょう。
(なら、なんで治る・・?というのは後ほど。)

Ez症のメカニズムを紐解くと・・

●Ezの原虫とうさぎはある時期は共存可能で仲良く一緒に暮らしている。
(不顕性感染)

●原虫の住まい(寄生場所)はうさぎの脳内や肝臓。

●しかし、ある日突然(うさぎの抗体が不安定なときに起こりやすい)
 うさぎは寄生されている”異物”に対して怒り爆発・・!?!

●攻撃(免疫反応)を始めてしまい、勢いあまって・・・脳内破壊!!
 脳幹より中枢神経に影響を及ぼし、、様々な障害が発生!

こんな感じらしい・・汗
したがって、治療としては駆虫剤の他に
炎症を抑制するための治療をする必要があるとされます。
この部分はK先生から聞いた”治療法”で全国の動物病院で水準化しているわけではなさそうです。
------------------------------------------------------------
※治療例(参考)
・駆虫剤・・・フェンベンダゾール等
  ※ベンダゾール、イバメクチンが使われる場合あり
・抗サイトカイン(炎症を抑制する治療)・・・ステロイド(グルココルチコイド)
・脳保護・・・ステロイド、グリセリン、バイオノーマライザー
・免疫の安定・・・アガリクス
・抗めまい・・・メクリジン 
・抗不安・食欲減退・・・ペリアクチン
・その他・・・ガスピタン

<内服薬>
・FBZmix(FBZ、バイオノーマ、アガリクス入)
・グリセリン
・ステラロール
・セルシン
・フェノバール 抗てんかん薬
・プリンペランmix
-----------------------------------------------------------

しかしながら、フェンベンダゾールの効果は一定ではなく、治るとしても
”たまたま”治ったにすぎない・・という獣医師もいることや
さらにさらに、海外のドクター(博士)は一時、
「斜頚はエンセファリトゾーンでは起こりえない」という学説まで
発表してしまったもんだから・・
(治療に駆虫剤はいらない・・?となり、)
ますますイージーは「混迷」してしまうのでした。ムニョムニョ


「なんでだろ〜〜?」
しかし、この
「フェンベンダゾルの効果は一定ではなく、治るとしても
”たまたま”治ったにすぎないよ・・」
と言った獣医師は
そもそもフェンベンダゾールというお薬の機能を理解していない?か
Ez症の病理もわかっていないという印象があるのですが・・
単体でつかって症状が改善されないから「効かない」と言っているようです。
結局のところ・・効く、効かないの話はどちらでもいいかと思いますが。

ここで、では「治った」場合のなぜ・・?を解説。。(あくまで自論w)

それは、うさぎも含めて生き物、生体すべては
もともと「治る力」を持っています。
斜頚が治ったのは「薬」の効能では、そもそも・・ないふぅ〜ん
邪魔な虫がいなくなってせいせいした免疫機能は正常に治まり
体内の治癒システムは病んだ部分を癒していく力を発揮しえる。up

・・こう考えると辻褄が合うと思われるのですが、、、
とっても単純ですいません。。ワッ!

ところで、長くなりますが・・
イージーのお話はまだまだ続きます。ホットコーヒー

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ

| 満月 | うさぎの病 | comments(0) | trackbacks(0) |

★ホールプラント=緑の薬!

自然界のうさぎにとってハーブは日常的に体調を整える
自然の”お薬”でした。植物



薬草としてのハーブは現代の医薬品のルーツであり
わたしたちの祖先が自然界の動物から教わった叡智が基になっているそうです。
自然界の動物と身近に接していた大昔、負傷した動物が特定の草を食べていたり
特別な植物の茂みに寝転んで傷を癒している光景を見て、
人々は薬草の存在を知りその薬効についての知識を得ていきました。
現在の医薬品のほとんどはその「効き目」のある成分の一部を取り出し
配合したものです。。病院
お薬は効き目のある成分を濃縮して配合されているので既に発症している症状を
抑えるためには即効性があり、短期間に使うものであるのに対し、
ハーブの場合、草や花、根などを丸ごと使用し、辛い症状をゆっくり軽くしていきながら病気そのものの原因を取り除き、身体自身に治癒力をつけていきます。
中には数百〜数千ともいわれる成分が含まれており、それらが相互に影響しあって全体を癒していくのです。
これは偉大な自然が作り上げた「緑の薬」と呼ばれる
「ホールプラント」の力です。よつばのクローバー
このホールプラントは単にひとつの臓器の治療だけではなく、
身体全体に影響を与えつつ病んだ部分を回復させ、動物の本来持っている
自然治癒力を引き出していくことができます。
薬に比べるとハーブの作用はやや弱いと感じるかもしれませんが、
薬とは役割が少し異なるのです。

自然の中で生活し、必要に応じて必要なハーブを摂っていたうさぎ達と違い
ペットとして自然と隔離された生活を送っている現在・・おうち
もともと動物たちに教わった大自然の恵みを今度はわたし達人間が
人間と暮らす動物たちに還元してあげること・・
ハーブの力は免疫力が低下しがちな現代生活のうさぎ達には
必要なものだと思います。おはな
うさぎの食生活にハーブを取り入れる場合、
ハーブは乾燥された市販のドライハーブ、そして
簡単に栽培できるものは家庭菜園の生ハーブが喜ばれると思います。

他の肉食動物と違い、そもそも草食であるうさぎの場合
無理なくハーブを食事に加えることができますので、
いろんなハーブを与えてみて、どれが好んで食べるのか?
・・わたしも現在、実践&観察中です。見る
ちなみに食べなかったら、、自分用のハーブティーになりますが・・ホットコーヒーイヒヒ

うさぎに与えることができる数あるハーブの中で
今回は免疫系強化に役立つハーブを紹介します。
(抗生物質の苦手なうさぎさんに抗生物質の代わりになるハーブを
主にピックアップしてみました。)
--------------------------------------------------------------
●エキナシア Echinacea

《使用部位》通常は根。もしくは葉・茎・花
《主な薬効》免疫促進・強化作用、抗ウィルス作用、抗菌作用、体質改善
《利用法》
病気に対する抵抗力をつける。食菌作用があり病原菌からガードします。
抗生物質の代わりになるハーブです。
感染症の初期段階で使いましょう。
抗菌にも効果的で膀胱や尿道がバクテリアや真菌に感染したときの
治療に使います。

※ドライハーブも入手可能ですが、家庭菜園でも簡単に育ちます。
葉や茎、花は真夏に満開になったら収穫しますが根を育てるために少し残しておく。
根は3年ものを使います
※免疫不全の場合、効果が発揮されず
単なる殺菌作用しかないハーブになってしまうので注意。
--------------------------------------------------------------
●オリーブ Olive

《使用部位》葉・果実
《主な薬効》抗菌・抗真菌作用、抗ウィルス作用、免疫強壮、血圧調整作用、利尿
《利用法》
葉には抗菌・殺菌・抗ウィルス作用があり、抗生物質の代わりになるハーブ。
また心臓の血流を良くし血圧を調整するハーブとしても知られている。
利尿剤、穏やかな下剤としても使用できます。
闘病中の活力、エネルギー補給にも・・
--------------------------------------------------------------
ハーブを与えるときに
どれくらいの量をあげれば良いか・・・?という疑問があると思います。
市販のペット用ハーブには使用量が記載されている場合がありますが
基本的には薬品ではなく、食品として普段のフードに少量加える程度です。
ハーブの力は長期的に日々与えていくことで自然治癒力を高めてくれます。
自然界において昔から摂取していた「自然の恵み」を日々与えていくか、
病気になった時だけ「」を与えるのかは、飼い主である私たち次第なのです。

自然の恵み〜ありがたや〜♪

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | ハーブ&ホメオパシー | comments(0) | trackbacks(0) |

★祝♪*うさぷりん*OPEN★

このたび・・
いつもモデルとして友情w出演していただいてます
ぷうちゃんのママさんこと、ののさんのShopがOPENしました!祝桜


HandmadeShop
*うさぷりん*

実際、使い手側の気持ちから細部までこだわり、心遣いを感じる
手づくりのキャリーバックケースやおしゃれなうさぎポイントのある
ポーチなど、うさぎ好きココロをくすぐるアイテムがいろいろ。。ラブ

一度のぞいてみませんか?ラブラブ


これ、、ほしいな〜〜おはな
・・と思ったら、ポチっとね。↓
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | 徒然草。。 | comments(0) | trackbacks(0) |

●お灸を据えられるうさぎ!?

ご長寿うさぎのぷうちゃん。
下半身が不自由なこともあり、とくに寒い日には
足腰が立たなくなることも・・
そんなときの必殺兵器?は「お灸」

なんと・・これ「せんねん灸」なのです。
以前、びわ温灸を試されていたそうですが、
煙たくて、使いづらいこともあり逆にストレスがたまりそうだったのです。
そこで、煙の出ないお灸!「せんねん灸」が大活躍ワッ!
裏に粘着テープがついているのでうさぎさんの皮毛の上から
ピタ♪と貼れるわけですね・・・wっぷっぷっぷ(喜びの声)ラッキー

そして、、さらに
有効なハーブがたっぷり詰まった 「薬草HOTパット」
もご愛用していただいてますよつばのクローバー


※「うさぎのマッサージ屋さん」使用風景※
脚が立たなくて転んでばかりのとき・・ムニョムニョ
いつものマッサージをしたあと、このHOTパットをかけると
気持ちよさそうに眠ってしまうそうです。zzz
そして一眠りしたら・・見事復活!!up

ぷうちゃん
お灸、そしてHOTパットでこの冬を乗り切ります!!ってゆき
がんばれ〜〜グッド

この体を温めることはうさぎにとっても大切な「健康法」のひとつ。
気血のめぐりをスムーズにすることで五臓六腑(内臓全体)も正常に機能します。
そしてうさぎさんの気持ちをよくしてあげること。おはな

闘病中でがんばっているうさぎさん!
この冬は気持ちよくて身体にいい・・
お灸やHOTパットを試してみてはいかがでしょう?温泉

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | 徒然草。。 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
OTHERS