満月★Q×Q箱

ホリスティックケア・カウンセラー
満月(Mitsuki)の日々の試行錯誤と探究心で綴る・・♪

NO ●●●, NO LIFE
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ★祝♪*うさぷりん*OPEN★ | main | ★混迷するイージー(Ez症の話〜その1) >>

★ホールプラント=緑の薬!

自然界のうさぎにとってハーブは日常的に体調を整える
自然の”お薬”でした。植物



薬草としてのハーブは現代の医薬品のルーツであり
わたしたちの祖先が自然界の動物から教わった叡智が基になっているそうです。
自然界の動物と身近に接していた大昔、負傷した動物が特定の草を食べていたり
特別な植物の茂みに寝転んで傷を癒している光景を見て、
人々は薬草の存在を知りその薬効についての知識を得ていきました。
現在の医薬品のほとんどはその「効き目」のある成分の一部を取り出し
配合したものです。。病院
お薬は効き目のある成分を濃縮して配合されているので既に発症している症状を
抑えるためには即効性があり、短期間に使うものであるのに対し、
ハーブの場合、草や花、根などを丸ごと使用し、辛い症状をゆっくり軽くしていきながら病気そのものの原因を取り除き、身体自身に治癒力をつけていきます。
中には数百〜数千ともいわれる成分が含まれており、それらが相互に影響しあって全体を癒していくのです。
これは偉大な自然が作り上げた「緑の薬」と呼ばれる
「ホールプラント」の力です。よつばのクローバー
このホールプラントは単にひとつの臓器の治療だけではなく、
身体全体に影響を与えつつ病んだ部分を回復させ、動物の本来持っている
自然治癒力を引き出していくことができます。
薬に比べるとハーブの作用はやや弱いと感じるかもしれませんが、
薬とは役割が少し異なるのです。

自然の中で生活し、必要に応じて必要なハーブを摂っていたうさぎ達と違い
ペットとして自然と隔離された生活を送っている現在・・おうち
もともと動物たちに教わった大自然の恵みを今度はわたし達人間が
人間と暮らす動物たちに還元してあげること・・
ハーブの力は免疫力が低下しがちな現代生活のうさぎ達には
必要なものだと思います。おはな
うさぎの食生活にハーブを取り入れる場合、
ハーブは乾燥された市販のドライハーブ、そして
簡単に栽培できるものは家庭菜園の生ハーブが喜ばれると思います。

他の肉食動物と違い、そもそも草食であるうさぎの場合
無理なくハーブを食事に加えることができますので、
いろんなハーブを与えてみて、どれが好んで食べるのか?
・・わたしも現在、実践&観察中です。見る
ちなみに食べなかったら、、自分用のハーブティーになりますが・・ホットコーヒーイヒヒ

うさぎに与えることができる数あるハーブの中で
今回は免疫系強化に役立つハーブを紹介します。
(抗生物質の苦手なうさぎさんに抗生物質の代わりになるハーブを
主にピックアップしてみました。)
--------------------------------------------------------------
●エキナシア Echinacea

《使用部位》通常は根。もしくは葉・茎・花
《主な薬効》免疫促進・強化作用、抗ウィルス作用、抗菌作用、体質改善
《利用法》
病気に対する抵抗力をつける。食菌作用があり病原菌からガードします。
抗生物質の代わりになるハーブです。
感染症の初期段階で使いましょう。
抗菌にも効果的で膀胱や尿道がバクテリアや真菌に感染したときの
治療に使います。

※ドライハーブも入手可能ですが、家庭菜園でも簡単に育ちます。
葉や茎、花は真夏に満開になったら収穫しますが根を育てるために少し残しておく。
根は3年ものを使います
※免疫不全の場合、効果が発揮されず
単なる殺菌作用しかないハーブになってしまうので注意。
--------------------------------------------------------------
●オリーブ Olive

《使用部位》葉・果実
《主な薬効》抗菌・抗真菌作用、抗ウィルス作用、免疫強壮、血圧調整作用、利尿
《利用法》
葉には抗菌・殺菌・抗ウィルス作用があり、抗生物質の代わりになるハーブ。
また心臓の血流を良くし血圧を調整するハーブとしても知られている。
利尿剤、穏やかな下剤としても使用できます。
闘病中の活力、エネルギー補給にも・・
--------------------------------------------------------------
ハーブを与えるときに
どれくらいの量をあげれば良いか・・・?という疑問があると思います。
市販のペット用ハーブには使用量が記載されている場合がありますが
基本的には薬品ではなく、食品として普段のフードに少量加える程度です。
ハーブの力は長期的に日々与えていくことで自然治癒力を高めてくれます。
自然界において昔から摂取していた「自然の恵み」を日々与えていくか、
病気になった時だけ「」を与えるのかは、飼い主である私たち次第なのです。

自然の恵み〜ありがたや〜♪

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | ハーブ&ホメオパシー | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://moon.ps-kobo.com/trackback/1024862
この記事に対するトラックバック
PROFILE
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
OTHERS