満月★Q×Q箱

ホリスティックケア・カウンセラー
満月(Mitsuki)の日々の試行錯誤と探究心で綴る・・♪

NO ●●●, NO LIFE
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

悩めるうさぎ女たち(改)

メスうさぎの避妊手術について・・
きっと女の子を飼っている方でしたら
一度は悩み、手術を受けるべきか・・?否か?
メリット、デメリットは・・??
と、あれこれと情報を求め、さまようことを経験されるかと思います。

しかしながら・・わたしは、素朴に思います。
そもそも、”避妊手術”とは・・その言葉どおり
「(不要な)妊娠を避けるため」のものではないのでしょうか。
そういう社会的必要性のある
「避妊手術」はあって然るべきと考えます。
(感情的にどうこうと言うつもりはありません)

ここで”問題”にしたいのは、そうではない
”もう一方”の位置づけ・・・
子宮腺癌などの病気を「予防」するための手術。


某うさぎ専門医学書においては
子宮系疾患の予防法は・・
避妊手術」とだけしか書かれていません。汗
さらに、「手術のデメリットは?」の問いかけに対して
「特にありません。」
なんて、暴言をさらっと言いのける獣医師の言葉も目にします。
そして、一般の飼い主さんにとって獣医(医者)の言葉は
権威であり、言われたら絶対の信頼を置くのが普通だと思います。
それは、それで・・・怖いです。

早い話、臓器を「削除」することは、すなわち
そこの”部位”においての疾患になりようがないだけですよね。ニョロ
・・これを「予防」と言えるのか?と思います。
子宮をとることによって生じるホルモンバランスの崩れ
それによる弊害、そしてそれに対する考察とアフターケアに関しても
正しく情報が浸透していないのが現状なのではないかと感じます。

また、
「(臓器を摘出する)手術をしたから」
そのうさぎの一生は病気なく天命をまっとうできる
「お墨付き」をいただけるのでしょうか?
怒り

動物病院病院では
「女の子は何パーセントの確率で高齢になると
病気になります。後々のリスクも考えて、早いうちに予防のための
手術をしましょう。」

と言うかもしれません。
言わない先生もいますが・・・・ふぅ〜ん

でも、実際、手術を受けた子の生涯、その後の
”兎生は長生きである”という、統計でもとっているでしょうか?
最後まで健やかに生き抜いていける保障を飼い主に
与えるでしょうか?

わたしはそうは思いません。ノーノー

実際、うさぎの(若くしての)死因で多いのは
女の子、男の子にかかわらず・・
「うっ滞」系だと感じるからです。


●●●・・・健康のバロメーター

なので、女の子だから・・高齢になったら心配、云々でなく、
もっと相対的に考えてください。
うさぎ女子→高齢の病気→避妊手術
・・というのはいかにも「短絡的」ではないでしょうか?

いや、でも・・そんなこといって
うちのかわいい子が子宮腺ガンなったらどうしてくれるんだ?
責任とれるのか?・・なんて思う人もいるかもしれません。困惑

でも、本当に不安で心配だったら
他にできること(食生活の改善(酵素補給)、定期的デトックス、
定期健診、最近は動物界でも薬害、医原病もあるので
病院との関わり方にも気をつける!、など)をして、
ガンというのはウサギに限らず、人間だって
何年、何十年と現代生活を続けていると、どこかしらにできてきます。
いや日常的に発生したり消滅したりを繰り返しているんですよね?
とにかく数年かけて、じわじわ来ることが多いでしょう。
ならば、早期発見においての治療(処置)でも
良いし・・(がんを排斥するという考え方でなく)
共存してもいいかと思います。よつばのクローバー

ぶっちゃけで言うと・・そんな健康の保障にもならない
(予防)手術費用に数万を使うのなら、そのお金で
日田天領水wでも購入してうさぎに毎日飲ませるとかしたほうが
よっぽど「予防医療」になるんじゃないか?と思うのです・・しょんぼり

人の場合は”癌”と聞いて、「ガーーン冷や汗」となり(精神的ショック)
一気に病は進行するらしいです。
うさぎの飼い主さんにも同じようなことが言えるんじゃないかな?
と、思います。

最後に・・
ホリスティックケアの観点を持つと今までより
広域に考え、病気に対する捉え方も変化してきます。
現在の医療、治療の常識は
今まで10年の積み重ねからきた結果」だとしたならば
これからの10年はその「常識」と「観念」がまた
必ず変化していくことでしょう。
・・・GOOD LUCKおはな


にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | うさぎの病 | comments(6) | trackbacks(0) |

《うさぎの病気と最新医療》を拝聴す

ときがたつのは早いもの・・・
急激な気候の変化なのか否か、、

今月はわたしの周辺でも
がんばって闘病生活を続けていた愛兎たちが
続いてお月さまに旅立ちました。。月

別れはさみしいものですが、
うさぎさんたちにとって地上からお月様に
ジャンプすることはきっと・・・ですよね。


さて。。
今年の うさフェスタ(11/14・15日)に於いて
14日 講師 おくだひろこ先生
●「うさぎのホリスティック医療」自然治癒力を高めるには?
そして
●「実践うさぎのマッサージとTタッチ」
の講習会がありました。

ホリスティックケアに関する講習なので、、拝聴したかったのですが
スケジュールの都合でこちらは断念!ポロリ

15日の曽我玲子先生(著※よくわかるウサギの健康と病気)の講習会に
参加しました。


テーマは
『うさぎの病気と最新医療』です。

”最新医療”・・ということで
どんな話が聞けるのか?と期待していました。
わたしがうさぎに求める?最新医療とは素晴らしい名医である体内に備わる
「自然治癒力(バイタルフォース)」すなわち、身体機能を最大限に活かせる方法であり、それを邪魔することのなくサポートしてくれる医療・・
じゃないかと思っているのですが、
いかんせん、最新医療=最新の科学的医療設備が備わっていて
最新の技術で治療が行える、という意味だったようです。

もちろん、、それもありがたい?ことなのですが。。

しかし、なにはともあれ(講演)時間が足りなかったのでしょう・・・
”まきまき”でお話のメインは「うっ滞」に関すること、そして最後にちょこっと「歯(不正咬合)」「麻酔」の話でした。

昨今、うさぎが病院に連れ来られる、大半はこの「うっ滞」なのだそうです。。
うっ滞とは・・胃腸の運動低下、毛球症、腸閉塞(イレウス)・・など、
要するに「食べない!糞●が出ない!!」・・という状況です。
要因としては運動不足、食事中の繊維不足、飲み込んだ異物(毛球など)、不適な抗生剤・・(そしてまれにEz症の影響もあります。)

しかしながら、このような症状だけでなく、
病気の原因は大方、食生活で防げるもの・・ということを念頭においてほしいものです。

健康リスクの高い食べものとしては・・・
×あらゆる種類の豆類(ピーナッツ、いなご豆、えんどう豆など・・)
×トウモロコシ
×木の実 種子
×小麦 穀物 穀粒 など。

おやつとして市販されているものもありますので、、
食べ過ぎは禁物ってことですね。。

そして、うさぎに抗生剤を使用するとき(処方されるとき)は
うさぎにとって安全かどうか?、チェックしてください。
獣医さんによってはうさぎに適さない抗生剤を出すこともあるので
飼い主さん側が必要な知識をもって病院に臨む、うさぎに詳しくない獣医さんを育てていくことが大切だということです。(同感です)

----ウサギの薬ひとくちメモ-----------------------------------------
《安全性の高い抗生物質》
クロラムフェニコール、ポリミキシン、ネオマイシン、ストレプトマイシン、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、エンロフロキサシン、メトロニダゾール サルファ剤など

《ウサギに投与すべきではない抗生物質》
プロカインペニシリン、アンピシリン、リンコマイシン、アモキシシリン、
エリスロマイシン、セファロシン、クリンダマイシン、バンコマイシン・・など

《下痢がおこりうるもの》
タイロシン、エリスロマイシン、スペクチノマイシン

---------------------------------------------------------------------
、、、と、参考までに抗生物質の情報を列挙してみましたが、
抗生物質とひとくちにいっても多いですね・・種類が^^;;;

(もし、病院で抗生剤が出されたら、薬品名も聞いてみるといいかもしれませんね。)

さて、、うっ滞にも段階がありますが、
レベル1〜レベル3に応じて治療を施します。
------------------------------------------------------------
■胃腸うっ滞MEMO---レベル1■
外来治療レベル
症状:いつもと違う、野菜、おやつは食べる
少し不快感、便は正常または異常(小さく乾燥、少し柔らか、量は減少)

治療:食餌の修正、より多くの牧草、水分補給、NASAID、運動
------------------------------------------------------------
■胃腸うっ滞MEMO---レベル2■
注意深く観察する状態
・症状:食欲減少、おやつは食べる
・野菜牧草ほとんど食べない、動かない、グルーミングしない
腹部接触に緊張する、便が少ない、出ない
・耳はまだ温かい
治療:栄養補給、強制給餌

------------------------------------------------------------
■胃腸うっ滞MEMO---レベル3■
・入院必要
・何も食べない
・四肢を縮め動かない、激痛あり
・水様下痢、粘膜性下痢、 数日糞が出ない
・胃腸のガス、盲腸ガス、腹部疼痛、
・青白い粘膜、冷たい耳、末梢血血圧ダウン、脱水・・
------------------------------------------------------------


飼い主さんはこの「いつもとちょっと違う」段階の
レベル1を見逃さないようにすることで重症化を防ぐことができます。
でも、、大半はもう「手遅れ」というレベル3の段階で病院に連れて来られることが多いようです。
・・この段階の治療法となると、

・静脈輸液
・鎮痛剤
・抗生剤 コレスチラミン(エンドトキシン抑制)
・強制給餌、または胃管による強制栄養補給
・支持療法として、保温、静寂な環境

重症化・・となると怖いのがイレウスによる急死(爆死)で、
別名「物言わぬ殺し屋」http://www.nurs.or.jp/~usagi/GIStasisJ.htm
と、言われるほど、うさ飼いにとって最も恐るべきことかな・・と感じます。

なので、
毎日の●(糞)の量、大きさ、状態を観察するのがとても大切です!
そして、「強制給餌」を必ずマスターしておいてください。
(これで明暗を分けるときもあります)
講習会では、たびたび「クリティカルケア(OXBOW)」が重宝すると紹介されていました。
最近・・この商品はとある事情で一般流通には出回ることが規制され、いまや
動物病院以外で入手は難しい状況になっています。
(実はうちでも在庫はありますので、必要な方にはお分けしていますがね・・^^;)
ペレットを細かく砕いて代用できないこともないですが、クリティカルケアの
栄養成分は凝縮されているうえ、腸内細菌がカプセル化して
調合されているそうなので、「効率的」であることは確かです。
もう一度、言います。・・必要な方は連絡ください(笑)

一にも二にも・・・強制給餌!、、といった感のあるお話でした。

もっと時間があれば、わたしもいっぱい質問したいことが
あったんですが、あまりに時間がおしていたので「質問」も諦めました。
パンフレットの内容だと、「避妊」「去勢」についてのお話もあるようだったのですが・・嗚呼。汗
講演された先生も不完全燃焼??だったかと思います。。。撃沈

また定期的に?講演会を各地で行うことも計画されているみたいなので、
”うさぎの最新医療”に関する情報を積極的にサーチしてゆきたいと思います。



| 満月 | うさぎの病 | comments(0) | trackbacks(0) |

★姿を隠すイージー(Ez症の話〜その2)

Ez症に感染していても症状が現れていない子(不顕性感染)は
キャリア(保菌(虫)者)と呼ばれますが、実際国内で
どれくらいのうさぎさんがこのキャリアになるのか?というと
実態は未調査ゆえ不明ですが、おそらく過半数の子がこれにあたると
予想されています。
(文献によっては4割強であったり、6〜7割となっているので
間をとって、・・5割強は”キャリア”ってことですね・・)

なので、ピンワッ!とこないかもしれませんが
お家のうさちゃんももしかしたら・・という”疑い”が成り立つと思います。
でも、発症しない場合が多いのだし、症状が出てから治療でいいんじゃないか?・・と
わたしは最近までそう思っていたのです。。
でも、明らかに”わかる症状”と”わかりずらい症状”があり、
これは多く見落とされている可能性が大・・とK先生とお話して
つくづく思いました。しょんぼり

K先生は斜頚のようなわかりやすい症状が出た子は逆に
「ありがたい」と思うそうです。。ひらめき
それは、、
最悪のケースでは脳内の暴発にてショック死してしまう可能性があるから。冷や汗
でもこれは・・そう、例えば
”飛行機事故に遭うくらいめったにはないこと”だと思います。飛行機



それまで、うさぎが急死した場合、唖然
原因は何??っていうと・・急性腸閉塞くらいしか思い当たりませんでした。
でもつい先日、「えさを食べていたうさぎさんが急にひっくり返って
死んでしまった」なんていう話を耳にし、まったく原因不明で。。?
(腸閉塞の場合でも、少なくとも前兆として急に食べ物を受け付けなくなる、
くらいはあるでしょう)
たとえ、そういうことがあったとしても「死後解剖による病理検査」まで
追及することなく、最後まで「原因不明」で流れていってしまうと思います。困惑

またEz症の症状は非特異的でものすごく多伎にわたりますが
斜頚のような症状以外だと、疑われる機会がすごく薄れてしまうという印象があります。おばけ
斜頚、旋回、痙攣、部分的な麻痺中枢神経の障害に起因する症状でも
開張肢、尿失禁、運動失調、眼振、白内障、肉芽腫性ブドウ膜炎、眼の損壊、沈うつ、食欲不振、成長不良、痩せ、腎炎など
列挙するだけでもこれだけの広範囲の病を引き起こす要因になっているにもかかわらず・・。

世間(獣医界)の空気では「なんでもかんでも”Ez症”にしないほうが良い」という感じではないでしょうか??ニョロ
例えば「開張肢」でも遺伝性のものとしか取り上げることなく治療は不可能のまま・・で停滞している病院が多く存在するんだと思います。
(わたしが以前、生後1ヵ月すぎから開張肢の症状が出始めたうさぎを
ある「うさぎの診察できる」病院に連れていったとき、脚の不具合については、なんの処置もありませんでした。最初から治せないと思っているみたいで・・)

しかしながら実際、何年も多くのうさぎの症状と治療を追っかけている先生は
開張肢だけでなく・・定期的にうっ滞を起こす子なんとなく覇気のない子(おとなしすぎる子)後足を引きずったようにとろとろ歩く子なども
Ez症の疑い”があるとし、駆虫薬を与えたら症状の改善があったりするそうです。
つまり、これは飼い主さん自身が認識を改め、逆にうちの子はこんな状態だから、
もしかしたらEz症の影響かもしれないという「思考ルート」を持って治療方針を要請する、ということが大切だと思います。
(他の原因が特定できない場合です・・)

そして、先に述べた「最悪のケース」を念頭に考えると
今後の展開としてはキャリアに対する予防策のひとつとしての「駆虫」
もっと一般的に普及しないものだろうか?
・・とすら考えてしまいます。

たかが、うさぎ。
、、と思われる人もいるでしょう。
でも・・
されど、うさぎ!

今後も”うさぎ追いし”毎日を送っていきますw
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ
| 満月 | うさぎの病 | comments(5) | trackbacks(0) |

★混迷するイージー(Ez症の話〜その1)

うさぎの三大疾患・・かどうかはわからないけれど
多くのうさぎが病院にかかる際、
筆頭にあげられる症状として、まず思い浮かぶのが

●胃腸内容うっ滞・・毛球症や重症の場合は腸閉塞など

●エンセファリトゾーン(Ez)症・・原虫に対する免疫反応による中枢神経障害。症状は多伎にわたる。

●不正咬合・・切歯もしくは臼歯の噛み合わせのずれによる歯の過長による弊害


・・等々であります。
これらの疾患に関する情報はうさぎと暮らす上でぜひ頭の片隅にでも
置いておいてもらいたいので様々なサイトで語られているけれど、
当ブログにおいても現時点での主観的な「まとめ」を記しておこうと思います。

まずは”Ez症(エンセ)”について。
このエンセファリトゾーン症はどうも、未だ
その治療法や見解が日本国内においてまちまち・・の印象があります。
・・というのも、
つい先日のこと国内のEz症の治療、研究においておそらく第一人者にあげても
おかしくない、K先生とお話する機会があり、その際に聞いた獣医師間のやりとりの話もあって。。。

ともあれ、、
わたし自身がこのEz症という「うさぎ病」に初めて遭遇したのは
もう今から3年以上前のことだと思います。
ブリードを経験しはじめ比較的早い時期にこの問題と対峙することができたのは
ある意味「幸い」だったと思います。
それは、当時ほとんど日本に出回っておらず、おそらく
(一部を除き)獣医師でも(入手困難で)それを治療に使うこともなかったであろう、
「フェンベンダゾール」という駆虫剤を簡単に入手でき、
エンセファリトゾーン研究会を通じて、
治療に関する情報を真っ先に仕入れることができたのです。
巡りあわせ・・であるけれど、この機会を逃し別のタイミングで
このEとかZとかなんだかよくわからない名前の疾患に認識のない病院に
行っていたら、的外れな治療に頭を抱え、果たして・・
「不治の病」撃沈なんてレッテルを”ポン”と押されて終わり!
なんてことになっていたかもしれません・・
でも、それ以来、とくに構えることなくこのEz症という病を
受け取ることができるようにはなりました。
(ただ、今まではこの病気で命を落とすことはあるまい。と
ある意味安心をしていたのです・・つい最近までは)

先に出した
「フェンベンダゾール」とは今ではかなりの獣医師が
Ezの症状のひとつである、例えば「斜頚」を発症しているうさぎに対して
予見的に使用される薬の一種であり、Ez症の原虫をやっつけるお薬です。

まず、Ez症由来でとても「わかりやすい症例」である「斜頚」に限定したお話を・・
斜頚は発症後、比較的早い段階であれば
この駆虫薬だけで症状が治まる・・という経験はわたし自身も何度かあります。
しかし、本来なら駆虫剤の役目はあくまで駆虫(虫下し)であり、
破壊された部分の修復を促すものではないでしょう。
(なら、なんで治る・・?というのは後ほど。)

Ez症のメカニズムを紐解くと・・

●Ezの原虫とうさぎはある時期は共存可能で仲良く一緒に暮らしている。
(不顕性感染)

●原虫の住まい(寄生場所)はうさぎの脳内や肝臓。

●しかし、ある日突然(うさぎの抗体が不安定なときに起こりやすい)
 うさぎは寄生されている”異物”に対して怒り爆発・・!?!

●攻撃(免疫反応)を始めてしまい、勢いあまって・・・脳内破壊!!
 脳幹より中枢神経に影響を及ぼし、、様々な障害が発生!

こんな感じらしい・・汗
したがって、治療としては駆虫剤の他に
炎症を抑制するための治療をする必要があるとされます。
この部分はK先生から聞いた”治療法”で全国の動物病院で水準化しているわけではなさそうです。
------------------------------------------------------------
※治療例(参考)
・駆虫剤・・・フェンベンダゾール等
  ※ベンダゾール、イバメクチンが使われる場合あり
・抗サイトカイン(炎症を抑制する治療)・・・ステロイド(グルココルチコイド)
・脳保護・・・ステロイド、グリセリン、バイオノーマライザー
・免疫の安定・・・アガリクス
・抗めまい・・・メクリジン 
・抗不安・食欲減退・・・ペリアクチン
・その他・・・ガスピタン

<内服薬>
・FBZmix(FBZ、バイオノーマ、アガリクス入)
・グリセリン
・ステラロール
・セルシン
・フェノバール 抗てんかん薬
・プリンペランmix
-----------------------------------------------------------

しかしながら、フェンベンダゾールの効果は一定ではなく、治るとしても
”たまたま”治ったにすぎない・・という獣医師もいることや
さらにさらに、海外のドクター(博士)は一時、
「斜頚はエンセファリトゾーンでは起こりえない」という学説まで
発表してしまったもんだから・・
(治療に駆虫剤はいらない・・?となり、)
ますますイージーは「混迷」してしまうのでした。ムニョムニョ


「なんでだろ〜〜?」
しかし、この
「フェンベンダゾルの効果は一定ではなく、治るとしても
”たまたま”治ったにすぎないよ・・」
と言った獣医師は
そもそもフェンベンダゾールというお薬の機能を理解していない?か
Ez症の病理もわかっていないという印象があるのですが・・
単体でつかって症状が改善されないから「効かない」と言っているようです。
結局のところ・・効く、効かないの話はどちらでもいいかと思いますが。

ここで、では「治った」場合のなぜ・・?を解説。。(あくまで自論w)

それは、うさぎも含めて生き物、生体すべては
もともと「治る力」を持っています。
斜頚が治ったのは「薬」の効能では、そもそも・・ないふぅ〜ん
邪魔な虫がいなくなってせいせいした免疫機能は正常に治まり
体内の治癒システムは病んだ部分を癒していく力を発揮しえる。up

・・こう考えると辻褄が合うと思われるのですが、、、
とっても単純ですいません。。ワッ!

ところで、長くなりますが・・
イージーのお話はまだまだ続きます。ホットコーヒー

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ ホリスティックケアへ

| 満月 | うさぎの病 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
OTHERS